トレンドがわかる、買える!大人のためのWebマガジン
トレンドがわかる、買える!大人のためのWebマガジン

ライブとは全然違う!?野外フェスを楽しむためのファッション4ポイント

広い野外で音楽を思いっきり楽しめる野外フェス。自然がいっぱいな郊外で開かれるものも多く、中には、キャンプしながらフェスに参加できる場合も!普通のライブや室内フェスとは違い、野外フェスはアウトドア要素がとても多いですよね。だからこそ、普通のライブ感覚でファッションを決めると、野外フェスでは命取りに……。そこで今回は、野外フェスを楽しむためのファッションポイントを解説!

 

動きやすさ&快適さを意識! 野外フェスで気をつけるべき4ポイント

最近フェスで流行しているファッションスタイルは、大きく分けて「アウトドアミックスコーデ」「サーフ&ビーチコーデ」「ストリートコーデ」「フェミニンコーデ」の4つ。夏ライブや都市型フェスでも人気のスタイルですが、野外フェスではさらに〝動きやすさ〟や〝快適さ〟を重視してアイテムを選ぶのが大事。では、コーデ別に〝野外フェス向けアイテム〟をご紹介します。

 

野外フェスで気をつけるべきポイントその1

「アウトドアミックスコーデ」 は機能性を重視!

キャンプ系フェスに特におすすめ。朝晩の冷え込みや雨などに対応しやすいので、天気がいまいちな日の野外フェスにももってこい。アウトドアブランドのアイテムや、機能性の高いファッションアイテムを選んで、オシャレさだけでなく快適さをしっかりキープしましょう。

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング) /【WEB限定】 [コンバース] SC★★CONVERSE ALL STAR 100周年 GORE-TEX スニーカー ¥15,000+税

オールスター生誕100周年記念モデル「ALL STAR 100」の素材アレンジモデル。防水耐久性と防風性、高い透湿性のあるゴアテックス® ファブリクスを採用しています。防水仕様のオールスター「ALL STAR 100」がさらにアウトドア仕様になったこのアイテムなら、野外フェスでも快適♪

 

CONVERSE(コンバース) /オールスター 100 ゴアテックス PT HI スニーカー ¥16,000+税

こちらも、防水透湿素材のゴアテックス®を使用した機能性に優れたアイテム。明るいカモフラージュ柄が、ポップに足元を彩り気分をぐっと上げてくれます。おなじみのオールスターのハイカットデザインで履き心地抜群。野外フェスにはもってこいのスニーカーです。

 

RAINFUBS(レインファブス) /レインショートブーツ リーン ¥9,500+税

一体成型の完全防水レインブーツ。日本人に合うシルエットで、歩きやすさも上々。革のシボ感をはじめ、ウイングチップやステッチまで、高級ブーツのディテールを表現しているので、おしゃれ度も抜群です。その上、サイドゴアと本体の切り替え部分と履き口には靴擦れ防止ガード、インナークッションや抗菌防臭加工など、快適さの工夫もたっぷり。野外フェスで回りと差をつけらること間違いなしです。

 

SOREL(ソレル) /ウイットニーショートレース ¥13,000+税

荒天時に重宝する軽くて暖かなスタイリッシュシューズ。防水性に優れており、さらに軽く履きやすいのが魅力。しかも、足をしっかりと支えてくれるので、長時間歩いても疲れにくく仕上がっています。厚底なので底冷えせず、保温性に優れ暖かいのもうれしいポイント。春や秋口の山系野外フェスにおすすめです。

 

w.p.c(ダブルピーシー) /レインジャケット ¥4,200+税

ニュアンスカラーがオシャレな、スタイリッシュレインジャケット。タウンユースはもちろん、アウトドアの場でもコーディネートに取り入れやすくおすすめです。雨だけでなく風も防いでくれるので、 肌寒い日にも活躍。 オリジナルのコンパクトな収納袋付き。

 

kiu(キウ) /レインジップアップ ¥4,900+税

定番レインウェアのジップアップブルゾン。濡れたところにそのまま座ることが出来るよう、長めの着丈になっています。 動きやすくスタイリッシュなシルエットとマットな質感がファッショナブル! もちろん防水効果も抜群。フルジップのファスナーはダブルジップとなっており、長時間の野外フェスでも快適に過ごすことができます。

 

THEORY(セオリー) /ACTIVE.TWILL CROPPED.ANOR ¥39,000+税

ロングシーズン大活躍する、しゃれたウインドブレーカー。気温差の大きい野外フェスシーンでも重宝します。ナイロン生地&大きめのフード付きで水濡れにも強く、肌寒い日はもちろん、小雨模様にもお役立ち。ループエンド付きの同色コードがアクセントです。

 

STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ) /デイリー デイパック ¥16,000+税

人気の「スタンダートサプライ」のデイパック。通称64クロスと呼ばれる素材は、わずかに光沢があり、すっきりとした印象です。軽量で丈夫、撥水性もあり、野外フェスにも打ってつけ。トップについたハンドルとジップには黒のレザーが配され、手への負担を軽減させつつ、デザインのアクセントに。ショルダーパッドには厚さ10mmのウレタンパッドが入り、肩に優しいのも見逃せないポイントです。

 

kiu(キウ) /パッカブルレインバックパック(ジッパー) ¥2,800+税

アウトドアにおすすめの、雨水をはじく生地でパッカブル仕様のリュック。水の入りにくい止水ファスナーを使い、裏面はポリウレタンコーティングをしています。内ポケットを使ってコンパクトに収納することができるので、使わない時は小さくできるのもうれしいポイント。ベルトは調節可能。前面にポケットが一つ付いています。

 

Daily russet(デイリーラシット) /【YAKPAK】GOOD FIT DAYPACK/リュック ¥5,900+税

使い勝手の良いスクエアデザインのデイパックです。手ごろなサイズ感でありながらA4サイズを楽々収納できるのは嬉しいところ。撥水加工を施した生地を使用しているので急な雨や水汚れを気にせず使えます。野外フェスだけでなく、通勤・通学など普段使いから小旅行にもおすすめできるアイテム。

 

adabat(アダバット) /ドライゾーンレギンス ¥6,900+税

アウトドアミックスコーデに欠かせないレギンスは、機能性が高いものを選ぶと快適度が急上昇! 高機能素材ドライゾーンのレギンスは、肌側の吸汗性を高いため、ムレや汗のべたつきを軽減してくれます。快適な着心地が長く続くので、長時間の野外フェスにうってつけです。

 

JOSEPH WOMEN(ジョゼフウィメン) /【JOSEPH SPORT】ハイドロサーキュラートリコ レギンス ¥10,000+税

こちらはハイブリッドなファッションスポーツウェア「JOSEPH SPORT」のアイテム。伸縮性のある機能性素材を使ったレギンスは、ハリやコシもあり動きやすさ抜群。無地のブロッキングデザインがしゃれていて、野外フェスファッションを彩ってくれます。

 

Repetto(レペット)/Hi-stretch leggings ¥21,000+税

バレエシューズやファッションを手掛ける「レペット」の商品。ナイロンストレッチ素材を用いたレギンスは、ウエストラインから裾に向かってラインをあしらったスポーティーなデザイン。アクティブな野外フェスシーンからスポーツ&ダンススタイルまで幅広く活躍します。動きやすさも抜群です。

 

野外フェスで気をつけるべきポイントその2

「サーフ&ビーチコーデ」 はUVケアを意識して

海岸沿いでのビーチフェスなら、これがイチ押し! 山系の野外フェスでも、健康的でおしゃれなムードが楽しめます。気を付けたいのは、あまり肌を露出しすぎないこと。虫刺されやUVケアをしっかりしておきましょう。

any SiS(エニィスィス)/【UVケアできる】L’aube ストレッチミニ裏毛 パーカー ¥5,900+税

UVケア対応素材で、紫外線対策もできる定番売れ筋パーカー。シンプルな前開き仕様で羽織りとしても、プルオーバーとしても使えます。UVカットするだけでなく、吸汗性・保湿性にも優れ、シワにもなりにくい素材が魅力。コンパクトなサイズ感で、スタイルよく着こなせます。

 

NATURAL BEAUTY BASIC(ナチュラルビューティーベーシック)/〈UVカット〉カーデ TOP ¥4,400+税

レーヨンベースの清涼感のある素材で仕立てた、これからの季節にぴったりなロングカーディガン。UV機能も兼ね備えた、春先から夏までロングシーズン着回せる優秀アイテムです。ノーボタンのシンプルなルックスで、野外フェスのときにさっとはおるのに便利。腰回りがすっぽり隠れる丈感なので、気になるボディラインを隠す効果も。

 

UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング)/〔UVカット〕〔吸水速乾〕スラブワッフル パーカー ¥3,900+税

さらりとしたワッフル生地が気持ちのよいフード付きパーカー。UVカット機能があり野外フェスでの紫外線対策、アウトドアシーンの朝晩の気温調節などで大活躍。フードは取り外し可能で、コーディネートの幅も広がります。洗濯をしてもすぐ乾く吸水速乾機能付きなのもうれしい!

 

12closet(トゥエルブクローゼット)/【汚れにくい・洗える】UV加工五分袖Tシャツ ¥6,900+税

特殊な撥水加工で、水溶性汚れがつきにくく、落ちやすいのが魅力のTシャツ。さらにUVカット効果もあるので野外フェスにぴったりです。袖口にかけて広がるフレアな五分袖や、すっきりとしたクルーネックもおしゃれ。適度な厚みとハリ感が二の腕や体のラインをきれいにカバーします。

 

INDIVI(インディヴィ)/【接触冷感・UVカット・洗える】サテンボーダープルオーバー ¥6,900+税

「INDIVI」で定番人気のブラウス風ジャージプルオーバー。前ヨークにサテンのボーダー素材をあしらうことで、トレンド感がプラスされています。しかも、UVカット効果&接触冷感の素材を使用。機能性の高さにもこだわっています。

 

23区(ニジュウサンク)/【洗える】カールマイヤージャージー カットソー ¥9,900+税

ウエスト部分のリボンがポイントのプルオーバーカットソー。シンプルながらも様になり、野外フェスコーデを盛り上げます。横糸にはUV効果のある物質を練り込んでおり、ご家庭でのお洗濯後も効果が継続。ベーシックカラーに加え、夏場に映えるカラーも展開しています。

 

Ray-Ban(レイバン)/ERIKA サングラス ¥18,000+税

おしゃれのワンポイントとしてだけでなく、野外フェスの強い日差しから目を守るサングラスは欠かせないアイテム。人気の「Ray-Ban」のErika RB4171は、どんなスタイルにも合わせやすいパーフェクトデザイン。オーバーサイズのラウンドシェイプグラスは、なんちUVを100%カットしてくれます。

 

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)/UWSC バック/リム ボストン アイウェア CLEAR ¥11,000+税

ベッコウ風の素材&メタルのコンビネーションがスタイリッシュなボストン型アイウェア。丸みのあるフレームに華奢なテンプルがレトロな雰囲気に仕上がっています。軽さとノーズパッドのあるデザインで掛け心地もよく、顔周りをおしゃれに! 野外フェスで人気のサーフ&ビーチファッションと好相性です。

 

TOM WOOD(トムウッド)/JAMES ¥45,000+税

日本人にもフィットする「トムウッド」のアイウェア。強い紫外線からしっかりと守り、胸元にかけてもコーデのアクセントとして重宝するオシャレな逸品です。しかも、スクエア型のスッキリとしたスタイリッシュフォルムで、ユニセックスに使用できます。

 

野外フェスで気をつけるべきポイントその3

「ストリートコーデ」 はファッション性だけじゃなく快適さも

ストリートコーデをするなら、スポーツミックスして機能性の高いアイテムをプラス。ぐっとフェスが快適になるうえ、コーデの鮮度もあがります。パンツをはくときは、湿ると重くなるロングデニムは避けた方が無難。またUV対策になるキャップで、ストリート度をアップさせるのもおすすめです。

INSTANT FAME(インスタントフェイム)/CAP ¥5,500+税

フェス用だけでなく、普段使いにも使えるシンプルデザインのキャップ。キャップのベースは2005年ニューヨークで生まれた帽子をメインとしたストリートブランド「NEWHATTAN」のもの。どんなコーディネートにも合うブラック、ホワイト。ファッション性の強いレッド、音楽性が強めのピンク、そしてファッション性をポイントにしたベージュと、カラバリ豊富。

 

AG by aquagirl(エージーバイアクアガール)/【別注アイテム】Champion ロゴ刺しゅうキャップ ¥3,000+税

「AG by aquagirl」の「Champion(チャンピオン)」別注キャップ。フロントにデザインした「Champion」のロゴ刺しゅうがスポーティーで、サーフ系ファッションにベストマッチ。アイコニックなサイドのワッペンもポイントです。バックにサイズ調整できるアジャスター付きなのでフィット感をあげられます。動き回る野外フェスでも、しっかり快適にかぶれるはず。

 

ViS(ビス)/ツイルキャップ ¥1,900+税

ベーシックでコーデに合わせやすい、ミニマルデザインキャップ。ツイル素材を使用しています。サーフ&ビーチファッションや、ガーリーなスタイルのアクセントにも◎。ブラック、ネイビーのほかに、女の子らしいピンクを揃えた3色展開です。

 

CONVERSE(コンバース)/LEA ジャックパーセル ¥9,500+税

永遠の定番「CONVERSE」のジャックパーセルのレザータイプ。カップインソール、立体成型ヒールパッチ、足なじみのよいソフトレザーを採用しています。どんなスタイルにも幅広くマッチしてくれる、ベーシックなルックスで使い勝手も◎。歩きやすさも抜群です。

 

adidas Originals(アディダスオリジナルス)/STAN SMITH CF ¥15,000+税

「adidas Originals」のおなじみスタンスミスは、クラシックなベルクロタイプをセレクトして。着脱のしやすさはもちろんのこと、3本の太いクロージャーが足元にアクセントを作ってくれます。スポーツブランドのシューズなので、歩きやすさはお墨付き。フェスシーンでも人気の高いアイテムです。

 

NIKE(ナイキ)/インターナショナリスト ¥9,000+税

80年代を代表するNIKEの「INTERNATIONALIST」は、レトロランニングシューズをベースに、アッパーにはスエードレザーとナイロン素材を使用。シンプルで少し懐かしいムードが魅力です。履く人を選ばないブラックは、ストリートコーデに取り入れやすくおすすめ。履き心地の軽さは格別で、野外フェスでも快適に過ごせます。

 

suadeo(スアデオ)/【MADE IN JAPAN】取り外し可能なサスペンダー付き グルカハーフパンツ ¥13,800+税

高密度のツイル素材を使用した人気のグルカパンツ。糸に「毛羽焼き」という加工を施している為、コットン混でも光沢のある今っぽい雰囲気。ウェスト部分は、ベルトのドット釦で簡単にサイズ調節が可能です。タックをとり、腰回りは適度なゆとりのあるシルエット。動きやすく野外フェスコーデにも重宝します。

 

DANTON(ダントン)/イージーショートパンツ ¥8,800+税

リラクシーな履き心地に仕上げた涼やかな辛口ショートパンツ。ハリのある素材が立体感を生み美しいフォルムに決めてくれます。ウエストはゴムで仕上げているので窮屈感なく快適。ショート丈のスポーティー雰囲気が、野外フェス映えします。

 

Acne Studios(アクネストゥディオズ)/Marit Co Chino ¥26,000+税

アースカラーで見た目以上のコーデ力を持つ、ショート丈のチノパンツ。ベーシックなシルエット&ウエストゴムで穿きやすく、カジュアルコーデのベースに最適。ボトムインもきれいに決まるので、今っぽい野外フェスコーデを叶えられます。ショートパンツ裾を彩るロゴプリントにも注目!

 

野外フェスで気をつけるべきポイントその4

「フェミニンコーデ」は、ライブマナーを忘れずに

フェス会場でも女らしさを忘れたくないあなたにおすすめ。柄ものワンピースやレースなど、で女っぽく仕上げましょう。ただ、スカートは長すぎるものはNG。踏んでしまったり、雨に濡れてしまうので、長くともひざ下丈にしましょう。また、野外フェスでは、長い髪は束ねておくのがマナー。かわいらしいヘアアクセでアレンジを楽しんで。

SACRA(サクラ)/フラワープリントワンピース ¥37,000+税

ボヘミアン風ファッションといえば、フラワープリント! シックなブラックがベースなら、小花柄でも甘くなりすぎません。こちらのワンピースは、ウエストに幅広ゴムをあしらい、簡単にきれいなブラウジングができるのがポイント。野外フェスだけでなく、リゾートシーンにもぴったりです。

 

Comptoir des cotonniers(コントワー・デ・コトニエ)/LILLYBELプリントロングドレス ¥26,000+税

全体に花柄プリントを配したワンピース。プリントを落ち着いたカラーにすることで大人っぽい表情に仕上がっています。ストンとしたきれいな細身のシルエットや、可愛らしい小さめの衿もポイント。フェスなら、前を開けてガウン風にはおってもおしゃれです。

 

MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)/【ウォッシャブル】バイカラーフラワープリント ワンピース ¥28,000+税

スキッパーカラーのフラワープリントワンピース。衿開きはデコルテがきれいに見えるVネックラインに仕上げています。フィット&フレアのシルエットですが、ウエストゴム仕様にすることで着用時のリラックス感があり、着心地抜群。女っぽく野外フェスを楽しみたい人におすすめ。

 

mintdesigns(ミントデザインズ)/【mintdesigns】HAIR CLIP ¥5,000+税

「mintdesigns」の路面店で先行発売されていた、アクセサリーブランド「sAn(サン)」とのコラボ商品。夏の和菓子からインスピレーションを受けたデザインはsAnでも初めてとなる型を使用しています。クリップ型のバレッタなので、着脱が簡単。さっと野外フェスでヘアアレンジしたいときに便利です。

 

France Luxe/スムーズ レザー カフ ポニー ¥8,500+税

大人気のカフポニーのレザーバージョン。ゴムの結び目を金のフレームと上質なカラーレザーのカフで覆い、シンプルなポニーテールスタイルをスタイリッシュに演出します。カラー展開は全11色と、コーデに合わせてお好みのカラーが選べるのもうれしいポイント。

 

petite robe noire(プティローブノアー)/リボンクリップ ¥10,000+税

銅線を編み込んで丁寧に作られた小さめサイズのリボンクリップ。愛らしくクラシックなデザインが、ボヘミアンコーデによい甘さを纏わせます。へアアクセサリーのほか、洋服の衿もとやバッグに飾っても楽しめます。同デザインで大ぶりのリボンバレッタもご用意。フェスヘアの盛り上げ役にどうぞ。

 

ROPE’ PICNIC(ロペピクニック)/【WEB.一部店舗限定】【さらさらUVケアアイテム】【2WAY】カーディガン ¥3,900+税

前後逆にしても着用のできる、2WAY仕様のVネックカーディガンです。羽織としてもプルオーバーとしても取り入れられるので、1枚でコーディネートの幅が広がります。ハイゲージ仕立てのクリーンな素材は、UVカット効果も。滑らかなタッチで着心地も抜群です。野外フェスでも女っぽさを忘れたくない女性におすすめ。

 

MELROSE CLAIRE(メルローズクレール)/DAILY CARE天竺カーディガン ¥5,900+税

パッチポケットの付いた軽いロングカーディガン。リラックスムードのシルエットが、フェスで人気のボヘミアン風コーデにマッチします。しかも、UVケア&接触冷感&速乾吸水の機能性素材を使用。春から秋までずっとも快適に使えるので、フェス好きなら持っていて損なし。

 

まだまだあります! 野外フェスにおすすめのファッションアイテム

お祭りムードで音楽をワイワイ楽しめる野外フェスですが、案外環境は過酷。しっかり対策しておかないと、最初から最後まで楽しむことができなくなってしまいます。特にかんかん照りになったり、雨が降った時のために対策しておくことは大事! また、会場では基本荷物を持ち歩かなければならないので、コンパクトにまとめておきましょう。

 

レインポンチョ

野外フェスのステージ付近では、周りでライブ鑑賞している人の迷惑になるので傘を使わないのがマナー。レインコートやレインポンチョで雨をしのぎましょう。普通のレインコートやレインジャケットでもOKですが、おすすめはレインポンチョ。リュックやバックの上から使えるので、荷物も雨からカバーできます。また、レインポンチョやレインコートは風を通しにくく保温性が高め。どうしても寒いときなどに、緊急用の羽織としても使えます。ぜひ、フェスらしいおしゃれでコンパクトにしまえるアイテムを携帯しておきましょう。

レインポンチョのアイテムをチェックする >>

 

つばが広めの帽子

晴れた日の野外フェスは楽しいものですが、気をつけたいのは日差し! 雲がない日は、かなりの紫外線が降り注ぎ短時間でかなり日焼けしてしまいます。さらに、日差しが体力を奪うので、直射日光を浴びていると疲れもひどく。そんなとき、つばが広めの帽子を持っていると顔だけでなく首元までしっかり日差しをカバーしてくれます。曇った日も実は紫外線が強いので、日焼けしたくないならぜひ帽子をかぶって。

帽子のアイテムをチェックする >>

 

レインシューズ

山系野外フェスは、天気がコロコロ変わります。朝晴れていても、突然雨が降ることも多いもの。そんなとき、長靴やレインシューズがないと足元がびしょ濡れに。不快なだけでなく、春や秋口の野外フェスでは冷え込みも心配です。また、雨が降った後は地面がぬかるむので、普通の靴だと汚れてぐちゃぐちゃになることも……。野外フェスに行くなら、雨対策シューズも持っていきましょう。何足も靴を持っていくのが面倒な方は、いっそおしゃれなレインシューズだけででかけるのもあり。

レインシューズのアイテムをチェックする >>

 

ウエストポーチ

物販やフードコートでお買い物するときなど、意外と野外フェスではお財布を出すことが多いもの。また、タイムテーブルをチェックしたり、写真を撮ったりとスマホを使うことも多いですよね。なので、さっと荷物を取り出せる、ウエストポーチやボディバッグなどの小さめバッグがあると便利です。ポケットに入れるのもいいのですが、動き回るフェスでは落とす可能性大。会場が広く、なくすと発見できない可能性があるので、ぜひ小さめでしっかり身に着けられるバッグを持ちましょう。また、雨が降った時用にバッグの中にジップ付き保存袋を入れておくと、濡れては困る財布やスマホを入れられて便利です。

ウエストポーチのアイテムをチェックする >>

 

おしゃれな野外フェス用ファッションアイテムをそろえたいなら「FLAG SHOP」で!

野外フェスにおすすめの機能性の高いおしゃれアイテムは、店舗に出かけるとなかなか見つからないもの。でも、野外フェス向けアイテムもそろう通販サイト「FLAG SHOP」なら、いつでもどこでもお目当ての商品を探せるはず! ぜひ活用して、野外フェスでも快適におしゃれを楽しんでくださいね。

https://flagshop.jp

FLAG SHOP Magazine 編集部 by
日々、最新トレンドをキャッチするFLAG SHOP編集部。元雑誌編集者や百貨店バイヤー、デザイナーなど様々な経歴を持つファッションのプロ達が集結し、確かな目利きで注目のブランドやトレンド情報発信をしています。