トレンドがわかる、買える!大人のためのWebマガジン
トレンドがわかる、買える!大人のためのWebマガジン

熱をあてればあてるほど美髪になる
レプロナイザー4DPlus登場!

みなさまこんにちは!

LaVivantディレクターの内山です。

2019年新年が明けまた一つ歳を重ねました。(苦笑)

50代後半がスタートです。

加齢とともに衰えてくる、体力やスタイルはそれなりに鍛えたり、肌は食べ物に気を使ったり、化粧品やクリニックを上手に使ったりと、努力すれば少しは改善されるもの。

でも髪の毛だけは、加齢とともに毛量が減り、艶がなくなり、年々元気がなくなってくるのを否めません。(涙)

それでも何とか、少しでも艶と立ち上がりをKEEPできている気がするのは、1,2年前から使い始めた「バイオプログラミング」のヘアタイムセス 3D Plusのシャンプーとコンディショナーそして、スカルプエッセンスのおかげです。

 

ここ数年、美容ジャーナリストたちからも絶賛されている「バイオプログラミング」ブランド、皆さまご存知でしょうか?

 

LaVivantでは一昨年末に「バイオプログラミング」をご紹介する「きれいをあきらめない!」イベントをヘアメイクアーティストの藤原美智子さんとともにさせていただきました。

今までの美容とは逆転の発想から作りだされる、確実にきれいを導くプロダクトの数々は個人的にも大ファンであり、物理学の専門家であるリュミエリーナ社・社長の理念を聞き、使えば使うほどプロダクトに魅了されているのです。

バイオプログラミングの技術は、量子レベルの物理学の研究からきている「場の理論」に基づいているとか??

正直、凡人の私には難しすぎて、何度お伺いしても、ほぼ理解できないのですが。(苦笑)

とにかく「レプロナイザー」は、従来のドライヤーやアイロンとは全く違い、どれも「熱をあてればあれるほど、艶が増し、潤いが出て美髪になる」とドライヤーのマイナス面をプラスに変えた、今までにない本当にびっくりするくらい素晴らしい美容製品なのです!

つまり、髪を乾かす、巻く、ストレートにする=美髪を作り出すのです。

 

私も、シャンプーやコンディショナーだけではなく、ドライヤーも「バイオプログラミング」に買い替えたいと思っていたところ、今年の1月にさらにバージョンアップした「レプロナイザー4DPlus」が販売になる!という話を聞き、発売を待ちわびておりました。

 

 

 

その進化した「レプロナイザー4DPlus」は、現行の3DPlusより、格段にパワーがアップ!

まずは、風量がUPして、一段階上の風量調整がプラスされ、よりスピーディに髪のハリ、艶アップを実感できます。

フォルムもよりスリムになり、さらに使いやすくなり、頭皮に風をあてればあてるほど、現行より格段に艶が増します。

そして、なぜか風を顔にあてると小顔になる効果も実感。これも物理学の研究からの産物なんでしょうか??凡人には狐につままれているようです(笑)

その「レプロナイザー4DPlus」を、早々にヘアメイクアーティストの山本浩未さんに使っていただき、魅力を語っていただきましたので、こちらの動画をぜひご覧ください。

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=roofXvxxraQ

 

 

レプロナイザーのみならず、愛用しているヘアタイムセスのシャンプーとコンディショナーも、頭皮につけて置けば置くほど髪がきれいになる逆転の発想から生まれた商品。

 

 

私はお風呂でなるべく長時間つけ置きしたいので、最初に髪をシャンプーして流さず、さらに上からコンディショナーを重ねづけしてから、体を洗ったり、湯船に長くつかり、最後に落とすという使い方をしています。

シャンプーとコンディショナーを流した後の手触りはしっとり艶々で、毛がしっかりした手触りになるんです。

そして、レプロナイザーをあてる前にスカルプエッセンスで頭皮マッサージをします。

このスカルプエッセンスは乾いた髪の頭皮につけただけでも、髪の毛があっという間に立ち上がる画期的エッセンスです。

撮影の時に、「この年齢になると前髪がぺたんこになってしまうのが悩み」と言っていた、LaVivant世代の美容ライターさんと、スカルプエッセンスを使用したところ、付けただけで前髪がふんわりと立ち上がり、二人で目を丸くして驚いた思い出も(笑)

 

そんな大ファンのバイオプログラミングに、なんとスキンアイテムとファンデーションも登場したのです!

 

我が家のメイク台に並ぶスキンアイテムとファンデーション

 

もちろん、美容器具と同じ「場」の理論に導かれているそうですが、使われているのは生命力の高い生薬の数々。肌につけたときに、なんともいえない生薬の香りに包まれるので、おそらくかなりの高濃度で入っているのではないでしょうか。

 

 

このスキンアイテムの素晴らしさを語ると、眉唾物と言われそうなんですが、個人的には眼瞼下垂が改善されて、首のシワも薄くなり、ホワイトニング効果を実感しています。

ファンデーションもつけると顔がなんだか、目回りがすっきりしてアガル感じがするのです。

この不思議効果、やはり凡人では上手く語ることができません。

 

これからの医療と美容の発展は、自然がもつ力×最先端の科学技術から素晴らしいものが生まれると感じているので、まさにここを研究している企業です。

 

いつも商品のお話をお伺いする、営業のTさんにお会いするたびに「御社の株を買わせて欲しい」とお願しているのですが(株を買ったことはありませんが)未だ買えてはおりません。(笑)

 

そんな企業としてもほれ込んでいる「バイオプログラミング」プロダクトたち。

 

今後の新商品も少しだけ聞いているのですが、またまた楽しみなものばかりでわくわくしています!

 

★LaVivantは「バイオプログラミング」の正規代理店として、WEBでお買い求めできる数少ないストアです

 



Article By Shinobu Uchiyama

1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報』副編集長を務めた後、『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属。

 

 

 

 

 

 

 

内山しのぶ  
1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報』副編集長を務めた後、『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。ファッション、美容はもちろん、ライフスタイル全般への造詣が深く、同世代の読者を導く存在です。クシマクロビオティックコンシェルジュとオーガニック料理ソムリエの資格を持つ。オスカープロモーション所属。